業務内容

べた基礎と布基礎の違いって?

べた基礎

べた基礎

厚い盤面で起訴を一体化する使用

布基礎に加えて、床下前面に厚さ150mmぐらいの鉄筋コンクリートの盤面を作る仕様。
基礎としての一体感がより高まり、面全体で建物を支える

布基礎

布基礎

平均台のように連続した基礎

布基礎は平均台のように連続したコンクリートの面で土台を受ける仕様。図では省略しているが、外周全体などに連続して設置・建物を支える。

「べた基礎と布基礎のどちらがよいか?」という疑問、悩みを持つ方は多いです。
住宅の基礎にもいくつか種類がありますが、最近では多くの場合、べた基礎が採用されています。
べた基礎以外では布基礎が採用されている住宅もあります。

住宅を新築する場合にべた基礎にするか布基礎にするかの選択は、ハウスメーカーや工務店からの説明だけで理解できずに判断しづらい方も少なくないようですので、これらの基礎の種類について説明します。

べた基礎とは?

べた基礎とは建物の真下部部分の全てを鉄筋コンクリートを用いた基礎で施工するものです。

全体の鉄筋を配してコンクリートを打設しています。

べた基礎のメリットとしては、シロアリが地中から床下へ侵入することを防ぐことができることや、地面からあがってくる湿気を防ぐことができることが挙げられます。コンクリートがあるためにこれらを防ぐことができるのです。

このべた基礎はほとんどの木造住宅で採用されており、もっともポピュラーなものだと言えます。

べた基礎とは?

べた基礎の施工方法

べた基礎の底盤は、直径10mm以上(D10)の鉄筋を300mm以下(@300)のピッチ(間隔)で、縦方向も横方向にも配筋します。
基礎の立上り部分の巾は120mm以上とし、底盤の厚さは150mm以上、立上りの高さはGL+400以上、根入れ深さは120mm以上となり、構造計算がある場合はその計算式によって変動する場合がございます。
プランなどによっては、設計者の判断で直径13mm(D13)の鉄筋が使われることも多いです。

布基礎とは?

布基礎とは、べた基礎と違って全体を基礎コンクリートで覆うものとは異なり、部分的なものです。

下の写真のようにT字を逆さにした形状をしています。

布基礎は、荷重が部分的に集中する建物である場合には向いていることがあり、
大手ハウスメーカーで採用されていることが多いです。
軽量鉄骨造のプレハブ住宅では、この布基礎が多いです。

べた基礎も布基礎もどちらにしても地盤が軟弱であるならば、柱状改良や鋼管杭などの工事が必要となってきますので、設計者とよく相談してください。
べた基礎だから地盤補強工事は必要ないなどと説明された方のお話を伺うことがありますが、そのように単純に判断できることではありません。

布基礎とは?

布基礎の施工方法

布基礎の底盤部分は両端部では、直径10mm以上(D10)以上の鉄筋とし、補強筋では直径10mm以上(D10)の鉄筋を300mm以下(@300)のピッチ(間隔)としなければなりません。

基礎の立上りの主筋は直径13mm(D13)以上で、
補強筋は直径10mm以上(D10)の鉄筋を300mm以下(@300)のピッチ(間隔)とします。
基礎の立上り部分の巾は120mm以上とし、底盤の厚さは150mm以上、立上りの高さはGL+400以上であり、べた基礎と同じです。しかし根入れ深さは240mm以上としなければなりません。

布基礎の施工方法

よくある質問

JIS規格の生コンを使用していますか?

はい、マスダ建設ではJIS規格の生コンを使用しています。

自社で設計したユニット鉄筋を加工してもらうことはできますか?

はい、可能です。設計図に基づいた鉄筋を工場にて加工しています。

1棟あたりの工期はどのくらいですか?

通常2~3週間程度ですが、初めてお取引させていただくお客様のお仕事は、仕様の把握や作業に慣れるまでに多少お時間がかかる場合がございます。何度かお取引をさせていただく中で、工期を短縮していくことは可能です。