工事の流れ

STEP 1.

丁張り(遣り方)

住宅を建設する工程で最初に行う作業が丁張り(遣り方)です。
丁張り(遣り方)は、建物の正確な位置を割り出す作業です。
ここでは図面どおりの幅になっているか、高さの狂いが無いかどうかを確認します。
どのような土地でも正確な施工が可能です。

丁張り(遣り方)

STEP 2.

掘削・砕石敷き

地盤を傷つけないよう気を配りながら地面を平らに仕上げていきます。
図面どおりに線が引かれているかどうかも確認しながら作業を進めます。
掘削工事が完了しましたら、砕石を敷き、地耐力を高めます。

掘削・砕石敷き

STEP 3.

鉄筋

ユニット鉄筋の組み立てはすべて手作業のため、鉄筋が曲がっていないか、
基礎の真ん中に鉄筋がきているかどうかなどを確認します。
次の工程に繋がる作業なので、慎重に組み立てを行います。

鉄筋

STEP 4.

コンクリート打設

コンクリートのレベル(高さ)が均一で正確か、
ひび割れ、ジャンカが無いかどうかを確認します。
アンカーボルトの位置も正確に打たれているかどうかそれぞれ確認していきます。

コンクリート打設