コラム

2021.12.20基礎ひび割れの補修方法について

マスダ建設では、基礎工事に関する業務を行っております。基礎工事は住宅にとって重要な基盤となりますが、場合によりこの基礎にひび割れが生じることがあります。これを補修するためにはいくつかの方法がありますので、簡単にご紹介をさせていただきたいと思います。

まずは、Uカットシール工法というもので、対象部分に対してU字に切り込みを入れて、プライマーとコーキングを充填し、その上からモルタルを加えていきます。次に、ビックス工法と呼ばれるものがあり、ひび割れ部分に注射器を入れて、エポキシ樹脂を注入していきます。完成までには半日から1日程度かかります。そして、アラミド繊維を利用して、貼り付ける工法では、およそ2日程度かかります。この場合、アラミド繊維シートを基礎に貼り付けることで、強度を高めることができます。

マスダ建設は千葉県・埼玉県・茨城県を中心に、注文住宅や建売住宅などの住宅基礎工事を行っている会社です。住宅の基礎は、図面通りに施工する正確性が大変重要です。マスダ建設の基礎工事は、その正確性はもちろん、スピードと対応の柔軟性も兼ね備えています。住宅基礎工事をお考えの方は、マスダ建設までご連絡下さい。

お問い合わせはこちらから