コラム

2022.06.20地震が多い日本の基礎工事の重要性とは?

日本は世界の中でも有数の地震大国です。
東日本大震災以降でもかなり大きい揺れを観測する地震が続いていますね。

そういった非常に揺れの多い環境では、建物の倒壊を防がなければいけません。

まず大事なのが地盤調査。
いくら精巧な造りの建物でも地盤がもろかったら、建物全体が倒壊したり、傾斜したり、沈下してしまう恐れがあります。

地盤調査でよく行われるのがボーリング。
地盤にドリルのようなスクリューを挿していき、地盤の固さを調査する方法があります。

地盤調査は宅地として登録されているところでしたら基本的に行うことはありませんが、以前、田畑だった場所や山林近くなどでは、よく行われる調査です。

そして、地盤調査をしっかり行った後に基礎工事を行っていきます。
場所によってはより安定性をもたらすため、既成杭と呼ばれる杭を地面に打ち込んだ施工方法もあります。

深部まで掘削して鉄材を埋め込むことで、地盤の安定性が増し、建物の耐震性が保たれます。

わかりやすく言うと土の中に柱を建て、建物を支えるイメージです。

マスダ建設ではさまざまな基礎工事を行っています。
千葉や埼玉で住宅施工に関わっている施工業者様はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから