コラム

2022.04.20ベタ基礎と布基礎、どちらを行った方が良いの?

ベタ基礎は土台の重みを全て地面に接地させて、土台を安定させる方法です。

ベタ基礎だと設置面全てを受け止めることができるため、荷重を分散させることができます。
非常に耐震性に優れ、近年の住宅では多く採用され始めている方法です。

それに対し、布基礎ですと接地面に鉄筋を設置し、固定する形になります。
イメージとしては、テーブルのように脚があって支える形です。

建物に脚が設置されている状態をイメージすると良いかと思います。

ベタ基礎と布基礎ですが、どちらを選択しても良いですが、ベタ基礎の方が鉄骨資材を多く導入することになるため、費用はかかります。

一方、布基礎は鉄骨資材の使用量が減るため、コストを抑えることができます。
ただし、隙間が底部にできてしまうため、湿気が溜まります。
湿気が溜まるとシロアリ被害などを受ける可能性があるため、どちらもメリット、デメリットがあると考えておきましょう。

もし、費用的に十分予算があるという状況でしたら、ベタ基礎の方が良いです。
日本のように地震が多い国ですと、特に耐震性は重要ポイント。

安心した住まいを実現するならベタ基礎を検討しましょう。
マスダ建設ではベタ基礎、布基礎どちらの対応も行っています。

お問い合わせはこちらから